×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顕微授精の妊娠率

顕微授精とは

顕微授精は、数多くある不妊治療の方法のひとつです。顕微授精とは、精子を卵子に注入することで、妊娠させる方法です。なかなか妊娠できないという方は、顕微授精を検討してみるといいでしょう。顕微授精の費用はいくらくらいかかるのか。

 

顕微授精 自然妊娠の方法はこちら

顕微授精の費用と助成金

顕微授精の費用は、平均1回35〜60万程になります。病院によって料金設定は区々で、大学病院などでは安くできる場合もあれば、100万円を越える病院もあります。健康保険は適用されず、自治体の助成金などもない場合は全額自己負担となります。

 

2度目以降は安くなる場合や、成功報酬としている場合、逆に上手くいかず処置が増えるごとに追加料金がかかる場合など、全体的な設定は病院によってばらばらなのです。一般的には、体外受精+10万円前後=顕微授精という設定となっていることが多いようです。

 

助成金は、自治体によって実施の有無、金額にバラつきがありますが、是非利用していただきたいものが、医療費控除の申告です。不妊治療は、健康保険の対象にはなりませんが、医療費ではあり、顕微授精は特にかなりの高額にもなります。

 

源泉徴収票と医療費の領収書、印鑑、振込先の口座が分かるものを持ち、税務署へ行けば申告をすることができます。所得税の還元、住民税の減額がありますので、かなりの負担軽減になることは間違いありません。


FXのレバレッジ